2ちゃんねる書込み主との面会記録

2ちゃんねる書込み主の方と面会したときの記録です。

2017年1月21日

家の雑用の合間を縫って、2チャンネルで盛大に誹謗中傷書き込みをやらかしてくれたご本人様と面会してきました…(;^ω^)

場所は埼玉県中西部に位置する某古民家カフェをこちらから指定し、相手方は定刻通りお出ましになられました。

駐車スペースで会うなり土下座して謝罪されたのでやめてくださいと制止し、店内に...(;^ω^)

ご本人様は埼玉県北西部にお住いになる53歳の男性の方。

見た感じ、2チャンネルであれほど激しい誹謗中傷書込みを行ったご本人とは思えないような、優しそうな雰囲気のおじさんです。

まずは、「なんでまたこんな事やっちゃったの?ちょっと詳しく聞かせてくださいよ。」と、ヒアリング。

***********************************
以下、ヒアリング結果
***********************************

小学生のころから釣りをはじめ、若いころはバイクに夢中になり、フライは渓流から湖、そしてオフショアの青物も。

キャスティングはトーナメントに手を染めたこともあるそうで。

しかし、ある事を契機にフライマンに対する憎悪が増幅され、フライフィッシングの道具はすべて処分してしまったという事。

ある事とは・・・

中禅寺湖国道側の場所取り合戦で、他のフライマンからものすごい勢いで攻撃されて嫌になってしまい山側へ・・・

そして・・・

中禅寺湖山側では、ポイント付近にキャンプベースを設置し陣取って酒盛りしながら大騒ぎしている集団に遭遇して嫌になってしまい、鄙びた管釣りへ・・・

そして・・・

鄙びた管釣りでは、休憩所付近を占拠している集団にポイントを譲れとクレームをつけられ嫌になってしまい・・・

さらに・・・

嫌になった契機は、釣り場で遭遇したフライマンだけではなく・・・

早朝の公園でキャスティング練習してたら、公園付近の住民に通報され警察に不審尋問されたとか・・・

人影の閑散とした公園でキャスティング練習してたら偏屈なフライマンに遭遇してしまい、説教と持論とウンチク話を延々と半日ぐらい聞かされてウンザリしたとか・・・

そんなこんなでついに・・・

フライマンを見ると憎しみが込み上げて来てしまうような精神状態に陥り・・・

フライフィッシング自体も嫌になってしまい、数年前に道具を全て処分してしまったという事。

そうした背景の中で今回たまたま私が書いた日記を発見した瞬間に、過去の嫌な体験がフラッシュバックされ、我を忘れて今回の行動に及んでしまったという事です。

***********************************
以上、ヒアリング結果
***********************************

次に、現在の進捗状況確認と、「やってしまった事は仕方がないですが責任をもって消してください」というお願い。そして談話。

***********************************
以下、ヒアリング後の諸々
***********************************

ご本人様はご自分のやった事の後始末のため、年末に法律事務所に依頼し、最も悪質な掲示板スレッドを年明けに2つばかり物理削除したという事ですが・・・

ご本人様は書き込んだ事は覚えていても、どこにどんな書き込みをしたかも覚えていなくて、こちら側の調査結果(73件x2=146件)を提示したら呆然としていました。

以下、談話中の私の発言概要

「まあ、釣り遍歴なんかは自分のとすごく似てるし、フライマンが嫌いになった経緯もフライマンの嫌な部分に対する考え方も近いものがあるし。

今回あなたがやってしまった事の違法性については不問にしたいと思いますが、やってしまった事の後始末はご自分で責任をもってやってくださいね。

インターネット上で他人のフンドシ(追加/変更/削除等の制御を自分で実施することができないウェブスペース)を使って物事を書いてしまうと、消すときに非常に面倒くさいことになるのは十分理解できたでしょう?

まあ、シケタ話はこれぐらいにして、○○さんフライの道具は処分してしまったとは言え、まだ釣りやってるんでしょ?

私は川や湖の釣りなんてもう飽き飽きしてるんですけど、海のメバルやアジをルアーやフライで釣るとチョー面白くてハマってるんですよ。

しかもオカッパリじゃなくてボートをチャーターしてやるから周囲の釣り人の雑音なんか一切ないしホント面白いですよ。

機会があったら今度一緒にやってみませんか?」

・・・・・・と、ここまで話したら、ご本人様、目からボロボロと大粒の涙をこぼしながら泣き崩れてしまいました。

※画像はイメージです。本文とは関係ありません