フライロッドを振る巫女さん

今夜は28歳のピチピチフライマンと武器商人待ちのためカフェに入り話が盛り上がってる時に、プロタイヤーKさんから『なんてアホウな替え歌考えてんだ氏ねwww』と直電がかかってきました。

んで、電話越しに色々会話しているうちに、神社のWさんが『巫女さんにフライロッド振らせてる』って話になり、『フライロッドじゃなくって自分の竿…(ピーーー)羨まし過ぎる…/(^o^)\』と言ったかどうかはしりません…/(^o^)\

会話を通じて感じたのは、若い方や女性の方などにフライロッドを振ってもらうには、日ごろの地道な努力が必要で、自分たちが足元の努力をするのを怠りメディアや組織のチカラで手っ取り早くどうこうしようってのはやっぱり違和感があるわなってこと。

そんなしみじみした感じの今宵でした…(^^;)

※画像は神社のWさんより拝借

iPhoneから送信