渓流フライのトラウマ-その1

{CAPTION}

ちょっと書きはじめたら長くなってしまったので、続きモンにすっか…(^^;)

もう25年も前の事だけれど、NFT製4.2Mの小継振り出しの渓流竿に1号通りの提灯仕掛けをメインに、小継小物竿にナイロン糸を撚りあわせて作った自作のテンカラライン、それにキラクのルアー竿とコータックのフライセットをリュックに詰めて、奥多摩の渓流をかけ歩いていました。

そして、伊豆の波止場でバスタックルにジェット天秤仕掛けで、海の小物を釣るのが大好きでした。

当時はすべて自己流で、天真爛漫に釣りを楽しんでいたと思います。

転機となったのは20年前に椎間板ヘルニアの手術を行い、しばらくは従来のスタイルでやってたんですが、数年後に再発して入院していたときに、キャッチアンドリリース区間なる釣り場の存在を知り、言われるがままに付いて行った事でした。

キャッチアンドリリース区間のサカナは、同じ渓流魚でも今まで自分が相手にしていた自然な魚とは異質でひと筋縄には行きませんでした。

そんな中でフライフィッシング関連の雑誌を読み漁り以前から懇意にしていた都内のルアーフライ専門店に相談して、ロングリーダーティペット用のフライの道具一式を購入しました。

当時は、澤田さんのフライパタンブックを参考にして作成したフライで夜明けから日暮れまで延々とフライロッドを振っていました。

ところが、夜明けと日暮れのひと時以外は、サカナは自分の作成したフライに口を使ってくれません。周囲をみると白昼にパカスカとフライでヤマメを釣り上げているひとがいます。

どんな仕掛け使ってるんですかと尋ねると、点みたいにちっこいフライを使いハリス(リーダーティペット)の全長は6メートルを超えていました。

早速真似してみると、日中の時間帯であっても面白いようにヤマメが釣れてしまいます。

そんな中でインターネットを介しフライフィッシングの友だちが沢山でき、あちこちに出かけるようになりました。

当時入っていたオフロードタイプの四輪駆動車のサークルに新婚旅行がカナダのスチールヘッドのフライフィッシングだったと言うご夫婦がいました。

『オレもフライやってるんですよ。奥多摩でヤマメ釣ってます』と話すと、ご夫婦は目が点になっていましたが、当時はなぜご夫婦の目が点になったのかを理解する事ができませんでした。

また、インターネットで知り合ったフライマンのオフ会では、『忍野と桂どっちが好き?』という意味不明な質問を受けたり、リーダーティペットで竿一本分が標準なのに何ですかそのバカ長いリーダーティペットは?と半ば小馬鹿にされたり、色々でした。

後から振り返ると、それは当時のフライマンの派閥みたいのがあって、どちらの派閥に属しているかの踏み絵みたいなもんだったと分かりました。

そんな中で、当時のプロジェクトで可愛いオネーチャンが部下に着きました。聞けばフライフィッシングをやっているということ。

『オレもフライやってるんですよ。奥多摩でヤマメ釣ってます』と話すと、オネーチャンは『ヤマメ?私は海や湖でやってるし投げる練習とかもやってるわよ♪』という反応でしたが、今度は『完全にバカにされている』と言うのがあからさまに分かりました。

そこで漸く『キャスティング練習』をはじめたワケです。

今から思えば、フライフィッシング関連の雑誌や書籍に書かれている事やテレビなどで放映されていた事を鵜呑みにしてやっていて、本質的な何かがお留守になっていたんだと痛感しています。

何も知らずにすべて自己流で、天真爛漫に釣りを楽しんでいた頃に回帰しなくては…(^^;)

つづく…(^^;)

iPhoneから送信

フライ地蔵

あまりにも釣れないため、ボーズを通り越してお地蔵さんになってしまいました.../(^o^)\ しかも、サカナが釣れない主原因は諸所の雑用が多くて、ほとんど釣りに行けないという.../(^o^)\

コメントは受け付けていません。

  • タグ