Caster

鶴蔵さんに捧げつつ
「爆風スランプ Runner」のメロディーで~(^o^♪

風を受けた山側岬で
君は少しうつむいて
もう投げられないだろうといったね

嵐の中風を宿した
悲しいほど誠実な
マスに何を投げればよかったのだろう

バッキングまで出たフライラインの
軌跡は過ぎさっていく
風はいつも強く吹いてる

投げる投げる俺たち
流れるフライもそのままに
いつかバイトがあったら
君に写メ送られるだろう
かかえきれぬ思いを胸に
竿をは軽くスウィープして
ふり返らず この岬投げていくのか

飾りのない フライ使って
ボーズに切り裂かれて
夢はいつもホンマスみえてた

投げる投げる俺たち
流れるフライもそのままに
いつかバイトがあったら
君に写メ送られるだろう
たとえ今は小さく
弱いあアタリだとしても
言葉もない俺たち
ひどく減水した日の夕マヅメ

バッキングまで出たフライラインの
軌跡は過ぎさっていく
風はいつも強く吹いてる

投げる投げる俺たち
流れるフライもそのままに
いつかバイトがあったら
君に写メ送られるだろう

たとえ今は小さく
弱いあアタリだとしても
言葉もない俺たち
ひどく減水した日の夕マヅメ

投げる投げる俺たち
流れるフライもそのままに
いつかバイトがあったら
君に写メ送られるだろう

※画像は鶴蔵さんより拝借…(;´・ω・)
※風速27メートル配下の中禅寺湖でフライ投げてホンマス釣ってしまうという、
もはやヘンタイ(とてもじゃないけどオレには真似できません)の鶴蔵さんに捧げます…(;´・ω・)

フライ地蔵

あまりにも釣れないため、ボーズを通り越してお地蔵さんになってしまいました.../(^o^)\ しかも、サカナが釣れない主原因は諸所の雑用が多くて、ほとんど釣りに行けないという.../(^o^)\

コメントは受け付けていません。

  • タグ