トラウト一万尾

「アルプス一万尺」のメロディーで♪

一、オマエのフライは三色色 黄色に茶色に黄土色 ティペット結んでフライを投げて さあ釣りましょう

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

二、昨日釣った魚 でっかいちいさいハヤだよ 中禅寺でフライを投げて キャスティング

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

三、フライマンに 釣果を聞けば 両手と両足 広がるよ

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

四、真昼の湖畔で 昼寝をすれば 猿がやってきて 弁当荒らす

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

五、稲妻光るよ 落雷いずこに 竿の避雷針が そこかしこ

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

六、釣った魚に メジャーを当てれば 尺のしるしに 尾が届かない

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

七、午前の二時に 釣り券買って 闇に点々と ヘッドランプ

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

八、ぎゃふんと言わせたや あの鱒釣り上げ 投げて引いても アタリなし

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

九、あいつでさえも 二匹も釣ったのに なぜに僕だけ 釣果なし

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

十、トントン拍子に サカナが掛かり 取り込む直前に 逃げられた

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

十一、ホンマモンの虫には 食ってくるけど 僕のフライには 食ってこない

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

十二、いちにち投げて ボーズを食らって 立木観音で 出家する

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

十三、ボートの上で 昼寝をすれば はるか彼方に 流される

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

十四、昼寝をするよじゃ 本気度浅い ほんとに釣りたきゃ 眠られぬ

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

十五、雲より高い この山上湖で 釣果ないのは 俺一人

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

十六、岬の頭で フライを沈め 居眠りしかけて 落ちそうに

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

十七、名物ランチの 豚肉食えば 腹がいっぱい もう眠い

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

十八、サカナが釣れずも 竿が振れれば いつも天国 夢がある

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

十九、八丁出島は かくれて見えぬ 見えぬあたりが 八丁出島

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

二十、命捧げて 釣りするものに 何故に冷たい 中禅寺

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

二十一、釣竿担いで 北関東のお山へ 明日はボーズの 運試し

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

二十二、お立ち台の上で フライを投げて 眠気でよろけて 水没だ

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

二十三、山側歩けば 人影ないけど サカナも同じで 影見えぬ

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

二十四、ホンマスレイクに振られて 茶鱒に構われ 愛想がよいのはアイソだけ

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

二十五、サルとカラスを 必死に追い払って 湖畔に座って 弁当食う

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

二十六、半月山を 番兵に立てて 男体山をめがけて キジを撃つ

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

二十七、ボートの上で 小キジを撃てば 小キジの軌跡が 魚探に映る

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

二十八、名残つきない いろは坂で またも見返す 男体山

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

二十九、お山で逢いましょ また来年も ヤシオツツジの 咲く頃に

らんららんらんらんらんらん
らんららんらんらんらんらんらんららんらんらんらんらん
らんらんらんらんらん

※画像はイメージです
※「黄色に茶色に黄土色」で、ついつい思いついてしまいました…(^▽^;)

iPhoneから送信

紹介 フライ地蔵

あまりにも釣れないため、ボーズを通り越してお地蔵さんになってしまいました.../(^o^)\ しかも、サカナが釣れない主原因は諸所の雑用が多くて、ほとんど釣りに行けないという.../(^o^)\

コメントは受け付けていません。