Handcraftな方々の不思議…(;´・ω・)

台風一過の朝、タイイングデスクの書棚に転がっていた700ページにもわたる、こんな分厚い本を引っ張り出してみました。

天然素材の釣り道具は大好きなんですが、高価で希少なビンテージ・コレクターズアイテムには興味はなくって(第一そんな裕福じゃないし)あくまでもガンガン使える「道具」としての天然素材を使ったもの。

となると、フライロッドの場合は国産バンブーってことになるんですが、これについては某釣りクラブの諸先輩方(具体的に誰とは言いませんけど)より(騙されていっぱい竿買ってやれみたいな感じで)散々馬鹿にされてきました。

どうやら、バンブーロッドビルダーという職業は暮らし向きが厳しい方が少なくない模様で、ビルダーさん自身が資産家であるか実家や親類の資産を食いつぶしながら道楽に興じるか、資産家の上顧客の心を掴んで養ってもらいながら道楽に興じるか、自身が貧乏で裕福な方の支援も得られない場合は生活保護も辞せず仙人のような倹しい生活を送りながら全てを投げ捨て竿の制作に人生を賭けておられるか、みたいなイメージを植え付けられてまして…(;´・ω・)

まあ、素人目にみても国産バンブーロッドの制作なんてビジネスとしては到底成り立つとは思えないし、ましてや、ロッド以外のランディングネットみたいなアクセサリーなんかは、財務的に目も当てられないような状況であろうと容易に想像がつくわけで…(;´・ω・)

そんな事気にも留めないで悠々自適に過ごされているハンドクラフトな方々に対しては、(ある意味)ホント頭が下がりますわ…(;´・ω・)

釣具店に行くとバンブーロッドに対して眉を顰められますけど、それはそれでメーカー品の竿を売らにゃならん使命があるのでヘンテコな嗜好を持った客は困るわけだし、(国産バンブーロッドなんて)中古釣具市場ではほぼ無価値に等しいし…(;´・ω・)

 

まあ、保険税金給与天引きな一般サラリーマンの妄想です…(;´・ω・)

 

フライ地蔵

あまりにも釣れないため、ボーズを通り越してお地蔵さんになってしまいました.../(^o^)\ しかも、サカナが釣れない主原因は諸所の雑用が多くて、ほとんど釣りに行けないという.../(^o^)\

コメントは受け付けていません。

  • タグ