フライde尺メバル…(;^ω^)

今回の同行者は、2ちゃんねるの書込み主である○○さんです…(;^ω^)

道中色々とお話を伺うことが出来ました。

彼はとあるフライフィッシングにおけるキャスティングテクニックを開発された方で、なんでそんな投げ方を考えたのかという経緯は、ポイントの場所取り合戦に嫌気がさしてしまって、キャスティングバックスペースの取れない場所でフライフィッシングをやるために考えたという事。

そして、その投げ方を教えた弟子たちが、フライでは投げにくいポイントを占拠し酒盛りをしているところに遭遇し、「オレはそんな事のために教えたんじゃない!」という虚脱感に襲われ、更に追い打ちをかけるが如く「○○のキャスティングは邪道だ」みたいな事を流布されてしまい、フライフィッシング業界そのものに対して嫌気がさしてしまうどころか、フライマンを見た瞬間に憎悪の感情が沸き起こってしまう状態に陥ってしまっていた処にたまたま私が書いた日記を発見してしまったという事でした。

まあ、それはさておき、当日は大潮の上げ潮の凪という絶好のコンディションであり、私はルアーロッド2本にフライロッド2本、○○さんはフライロッド2本という、万全の体制を期して釣りに臨んだのですが、なんと開始早々に、ルアーロッド1本はリールの不調で使い物にならずw、もう2本のルアーロッドもライントラブルに見舞われ、「フライロッドを振らざるを得ない(最悪のw)状況に」…(;^ω^)

そんな事を、キャプテンの伊藤君が自分のボート屋の釣果レポートに書けるワケもなく、○○さんはその場にいないことになってて、しかも調子いい事しか書いてませんwww

まあ、でも、なんのかんの言って、○○さんも私もフライで尺メバルを釣ることができて大満足の結果でした。
○○さんは船酔いに弱かったらしく、尺メバルを釣り上げたあとに船酔いでダウンしてしまい、伊藤君にせかされながら私がひとりで頑張って釣らなければならないという、Mプレイ状態に…/(^o^)\

午前2時~5時までの3時間釣りをして(○○さんが船酔いでダウンしてしまったので1時間短縮)、午前7時に帰宅。昼頃まで眠りこけて、爺ちゃん祖母ちゃんの命日なので午後イチで墓参りをした後、釣ったメバルを地元の鮮魚店に持ち込んで姿づくりにして戴き、明るいうちから祝杯でした…(;^ω^)

クルマの中を点検すると、○○さんのETCカードが刺しっぱなしに…(;^ω^)
電話したら、彼もちょうど眠りから覚めたところだった模様で、郵送して送ることに…(;^ω^)

まあ、そんな感じで、濃ゆい感じの釣行でした…(;^ω^)