10年ぶりの菅沼釣行は…(≧∀≦)

武器商人のお誘いを戴き、同じ武器商人を利用する兵士たちと10年ぶりに菅沼へ・・・
胡散臭いNPO法人の絡みで丸沼や菅沼一帯には釣りで近寄らないようにしてたんですけど、あの頃とは管理者も替わって現在は健全化しているとの事ですので、おっかなびっくり足を運んでみました…(;´・ω・)

当日は爽やかな秋晴れ。かなり多くの利用者がおり湖上には30艘以上の釣りボートが浮かびカヌー教室なども開催されて湖面は大賑わいでした。

 

簡易魚探でサーチをかけながら漕いでいきますが、魚影が魚探に映る頻度は前回撃沈した中禅寺湖とおなじぐらいの感じで、魚影のほとんどはサーモクライン下と思われる水深10メートル前後に集中していました。時折ライズが散発的に起こりますが、フックサイズ16番程度の白っぽいユスリカらしき虫を捕食しており、手持ちのフライ(フックサイズ6番~10番のウェット&8番~12番のドライフライ)、手持ちのティペット(1X~5X)では、まるで歯が立たない感じです…(;´・ω・)

フローティング&シンキングの2本立てで道具を用意してきたのですが、シンキングラインを巻き取ってあるフライリールのクリック留めのネジが釣り途中で吹っ飛んでしまったため、漢らしく?フローティング1本でやる羽目になりました…(;^ω^)

 

仕方なく?ドライフライ1本でやり続けましたが、気温が上がってくると風がぴゅーぴゅー吹いてきて、散発ライズがぴたりと止まってしまいます。風が止むと10番サイズのカワゲラらしき虫が飛んできて水面に落ち羽根をパタパタと動かしているのが「ガボッ」っと捕食されますが、すかざずフライを投入してもなんのイベントも発生しません…(;´・ω・)

んで、釣れてくるのは生き物とは程遠いこんな木の枝とかなワケで…(;´・ω・)

 

そんなこんなで、夕暮れを迎えて試合終了です…/(^o^)\

10年ぶりの菅沼は残念ながら釣果には恵まれませんでした。しかし武器商人と同行された方たちのおかげで、今まで丸沼や菅沼に対して抱き続けてきた胡散臭いイメージがちょっとだけ?払拭されたので、自分にとっては大きな収穫となりました。

当日同行された兵士のみなさんありがとうございました。

フライ地蔵

あまりにも釣れないため、ボーズを通り越してお地蔵さんになってしまいました.../(^o^)\ しかも、サカナが釣れない主原因は諸所の雑用が多くて、ほとんど釣りに行けないという.../(^o^)\

コメントは受け付けていません。

  • タグ