仕方なく再開したキャスティング練習…(;^ω^)

 

昨年9月の丸沼釣行は、実はこんな経緯がありました。

Tさん:「丸沼3回連続○ボを喰らっちゃったんですよ~( ;∀;)」

ワタシ:「いくらなんでもそりゃないでしょう?(;^ω^)」

Tさん:「でも~(;^ω^)だってぇ~(;^ω^)」

と、Tさんが言ったか言わなかったかはさておき、「こりゃあなんか原因があるに違いない」と踏んで、Tさんが現地でどんな釣りをしているのかを確認したくなってきてしまい、釣行に同行したのです。

で、現地で確認した結果・・・

「キャスティングが旗振り状態でポイントまで到達していない」

「タックルバランスが悪くてラインが乗ってる感じがぜんぜんしない」

・・・ってことが判明したわけで…(;^ω^)

「湖とかではちゃんと投げれないとちゃんと釣れませんよ」

という理をTさんは得心し、「ひとつキャスティングとやらを教えて頂けませんか?」

・・・って運びになってしまい・・・(;´・ω・)

 

「うあ~~~~!だれか~~~!たすけて~~~!」

 

・・・っと、身近に存在する【プロの方】にお願いするも、【平日休みの人向けのスクールは開催されていない】し、かといって【カネにならない手のかかる個人レッスンは面倒くさい】ため、するすると逃げられてしまい、結局【だれ一人として】引き受けてくれないワケで…(;^ω^)

 

あちこち尋ね歩きようやくJCA関連の方が快諾してくれたものの、Tさんは【片道1時間半もかけて習いに行けない】という事で…(;^ω^)

なんだかんだ言って、引き受けざるを得ない状況に追い込まれ…(;^ω^)

Tさんといっしょに夜の公園で、かつて自分がそうであったように「ピックアップ・アンド・レイダウン」から一緒にやることになりました…(;^ω^)

思い返せば、自分は仕事帰りにフライロッド担いで夜の砧公園へ2年以上も通って教えてもらったんだよなあ…(;^ω^)

当時根気よく教えてくれた釣具店の店主の方には感謝の限りでございます…(;^ω^)

何しろ自分はシロートだから、人に教えるなんてことは憚れるんだけど、【プロの方】たちがあまりにも頼りないのと、Tさんが遠くまで習いに行ってくれないため、ある意味仕方なしです…(;^ω^)

まあ、フライロッド振ってるのは個人的には楽しいからいいんですが…(;^ω^)

フライ地蔵

あまりにも釣れないため、ボーズを通り越してお地蔵さんになってしまいました.../(^o^)\ しかも、サカナが釣れない主原因は諸所の雑用が多くて、ほとんど釣りに行けないという.../(^o^)\

コメントは受け付けていません。

  • タグ