目玉の位置でイカシラス丼…(≧∀≦)

同じフライフック、同じ素材を用いてもですね…(;´・ω・)

フライマンという人種は、目玉を前に取り付けて「シラス」と言い張ります…(;´・ω・)

目玉を後ろに取り付けて「イカ」と言い張ります…(;´・ω・)

『まあ、魚にとっては、んなこたあどーでもいい話なんだろうし、ぶっちゃけ白っぽくて細長けりゃあ何でもいいんだろ?』

・・・みたいな事を、ウッカリ口を滑らせてみようものなら…(;´・ω・)

生粋のフライマンと呼ばれる人種の方々は烈火の如く怒りながら「いやそれは断じて違う!それどころかそもそもフライの道具はアブラビレを釣るものであって潮水なんかに浸してはならぬ!」などと、激しく抗議をしてくるんだろうけど…(;´・ω・)

わたしゃあ生粋のフライマンでも何でもないし、日々忙しい中時間を作りながら、ヒマつぶしのくだらねー遊びとしてフライの道具をもてあそんでいるだけであるため、その手のあらゆる抗議は受け付けいたしませんのであしからず…(。・ ω<)ゞてへぺろ

んで、にやにやしながらタイイングデスクに向かって、ヘンなフライを作成しながら「・・・んなこたあどうでも良いじゃん」とひとりでウケてます…(;´・ω・)

まあ、それはさておき「目玉をめがけて食いついてくるかも」っていう、フィッシュイーターであるお魚さんの習性を考えますと…(;´・ω・)

どの生き物を模したパターンであるかよりは目玉が針先に近いところにくっついていたほうが影響力があるんじゃね?

・・・というような仮説が立てられます…(;´・ω・)

 

Author: フライ地蔵

あまりにも釣れないため、ボーズを通り越してお地蔵さんになってしまいました.../(^o^)\ しかも、サカナが釣れない主原因は諸所の雑用が多くて、ほとんど釣りに行けないという.../(^o^)\