北ア縦走の思い出…(;´・ω・)

そういえばそんな事やってたっけっていう記録。現状ではもはやそんな事をホイホイできる身体ではなくなってしまったけれども、まずはイメージトレーニングね…(;^ω^)

※画像はイメージです

夏合宿1年目-後立山連邦(白馬岳~爺ケ岳)縦走(イメージ:画像一枚目)

電車ではなく山岳部の顧問の車に乗せられて…(;^ω^)

1日目は大雪渓をヒーヒーハーハー息を切らせながら登り白馬岳で一泊目の設営。

2日目は八つ峰キレット越えて五竜岳まで。五竜岳のキャンプサイトで先輩&顧問に酒を呑まされて高山病に…/(^o^)\

3日目は二日酔い&高山病でフラフラになりながら鹿島槍ヶ岳へ…(;^ω^)

んで扇沢へ降りて、大町の温泉に浸かって帰った感じ…(;^ω^)

夏合宿二年目ー表銀座縦走(イメージ:画像2枚目)

企画から担当。当初は槍穂高縦走案を出したんだけど、高体連から「大キレットはダメ!」って返事が来たのでやむなく計画を変更。

1日目は燕岳のキャンプサイトで設営。天候は嵐でテントが風で吹き飛びそうになった…(;^ω^)

2日目は槍ヶ岳肩の小屋を目指して縦走開始。だがしかし、天候が芳しくないため、撤退を決断し水俣乗越から槍沢へ下降開始。梓川は氾濫して登山道は膝まで浸かるぐらいに浸水。やっとのことで上高地にたどり着き松本の居酒屋で晩飯w

松本駅前の電光掲示板で、槍ヶ岳で落雷により死傷者数名のニュースが流れ、「撤退してあ~よかった(^^♪」と部員全員胸をなでおろした。

んで、槍に登れなかった腹いせっていうかなんというかで、翌月に涸沢にベースはって穂高を駆け回っていた感じ…(;^ω^)

まあ、当時のスナップショット的な一面を…(;^ω^)

最近20年の自分しか知らないヒトからみたら、こんな話をしても信じてくれないんだろうけど、そんな事やってた感じ…(;^ω^)

まぁ、もはや当時の状態には復帰できないだろうし、「遭難死した同級生先輩OBの方があっちの世界であなたを呼んでいるんじゃないのお?」って言われるけど、なんか、もう、いつあっちの世界に行ってもよいのかなあと…(;・∀・)

んなわけで、とりあえずはゆるふわ系な感じで、ちょっとづつおっかなびっくりだけれど、お山に戻ろうかなあと…(;^ω^)