あなたのIPアドレス: 54.162.123.74

Nynph(ニンフ)…(;´・ω・)

小中学生の頃~20歳代までのヤマメ・イワナ釣りといえば、まずは下流の河原で川床の石をひっくり返して「川虫」を採集するのがスタートだった。

当時からテンカラやフライフィッシングなどの毛鉤釣りの情報はあって「ニセモノの川虫で魚が釣れるなんてアリエナー」というような憧れてはあったし、その真似事みたいなことも散々やっていたんだけど、イザ本気で魚を捕りに行くときはやっぱり「川虫の採集」だった。

それから?十年、すっかりフライフィッシングという馬鹿げた釣りに毒されてしまって「ニンフ=釣れてアタリマエ」みたいな風になってしまった。

「ニセモノの川虫」で釣れてしまうなんて、賢いと思っていた魚ってホントはバカなんじゃね?みたいな感じになり、同時に「魚を騙しているみたいで可哀そう」みたいな、(ホンモノのエサを使っても騙している事には変わりないので)釣り人としては持ってはならない妙な感情も沸き起こり…(;^ω^)

で、「おそ松さん」のキャッチコピーが妙にしっくりときちゃいまして…(;´・ω・)

「成長しても、やっぱりバカ」…(。-∀-)

サカナがか?ニンゲンかが?どっちがだ???/(^o^)\