STANDARD-DLY考…(;´・ω・)

「Synthetic Quill Body」なる文明の利器で作成したフライ、週末の養沢(オレ以外全員ルースニングw)で竿出して1分以内にサカナが飛びついてきてくれたのはいいんだけど、フォーセップでつまんだら大破しちゃった件…/(^o^)\

素のままでボディに巻き付けたあとで、極細ワイヤーでリブを付けるとか、セメントで固めるとかの補強が必要ですかねぇ…(;´・ω・)

画像はいつもの簡略化したハードハックルウェットのパターンにシッポをつけてハックルをちょっと厚めにしただけで、あ~ら不思議?スタンダードなドライフライじゃね?みたいな…(;´・ω・)

フックはTMC113BLHの12番、最近のフックは様変わりしちゃってついていけませんわぁ…/(^o^)\

もう、この際、釣り針メーカーは国内はマルトとガマカツ、国外はマスタッドとパートリッジでいいじゃんかよ?って思う今日この頃…(;´・ω・)

・・・そういえば、ハックルを厚めに巻いたスタンダードパタンって、面白いように回るんですよねwwwwww

数投で、ティペットはくちゃくちゃによじれて…/(^o^)\

回るといえば、歌ですねwww

時代 – 中島みゆき(フル)

 

 

フライ地蔵

あまりにも釣れないため、ボーズを通り越してお地蔵さんになってしまいました.../(^o^)\ しかも、サカナが釣れない主原因は諸所の雑用が多くて、ほとんど釣りに行けないという.../(^o^)\

コメントは受け付けていません。