嫌らしいフライ…(;´・ω・)

「カッコイイフライで釣れたらカッコイイ」のですけれども、「カッコイイフライ」っていうのは得てして釣れないものです…(;^ω^)

「答えは現場にある」の如く、釣りの現場においては、フライの選択って結構泥臭いものだと思います。

私が湖のフライフィッシングをやり始めたころ、「マラブー禁止令」を出されていました…(;^ω^)

「たとえ湖であっても、バンブーロッドを使ってクイルウィングのウェットフライで釣るべし!」っていう、ワケわかんない縛りを課せられていたのを真に受けて必死こいてやっていたのが、今となっては良い思い出です…(;^ω^)

なんか「ウーリーバガーをはじめとしたマラブー系のフライ」っていうのは、「卑しくてカッコ悪い」の代名詞みたいな刷り込みっていうか洗脳みたいのが、フライフィッシングの世界でまかり通っていた時代の事です…(;^ω^)

ところで、なんか魔がさしてwww「真っ赤っかのウーリーバガー」と「ソフトハックル尽くしのウーリーバガー」みたいのを作成してみました…(;^ω^)

「マラブーを笑うものはマラブーに泣き」「ウーリーバガーを笑うものはウーリーバガーに泣く」っていう迷信を、結構真面目に信じています…(;´・ω・)