あなたのIPアドレス: 54.81.197.24

魚の持ち帰りについて

日本人は魚を食べるのが大好き。

獲った魚が美味しそうならば食べるのは自然な行いだと認識している。

でも、魚は無尽蔵に湧き出て来るわけではない。

欲望の赴くままに獲り続けて行けばいつかは何にもいなくなってしまう。

そんな釣り人の欲望を「コントロール=管理」する仕組みが日本にはまだない。

全国の川が、養沢毛鉤釣り場のようになれば釣り人にとっては桃源郷の出現だ。

しかし、養沢毛鉤釣り場のような環境は100年近い歳月を経て地元住民との合意形成が築き上げてられてきた。

それをいきなり、とういか、中~長期的なスパンで地元の合意形成を構築していくというプロセスを省略して?

一部を除き強引に推し進めようとして失敗したのが、C&R区間ってやつだ。

地元の川でもいっときそんな動きがあったみたいで遠巻きに横目で眺めていたけど。

現在の惨状は「地元の合意形成」に完全に失敗した結果の成れの果てだと思う。

抜かれても抜かれても川に魚を投入できる潤沢な資金源がある漁協以外は、尻すぼみな状況なワケで。

ま、抜かれても抜かれても川に魚が投入される川っていうのは、釣り堀とどこが違うんだ?っていうのもあるけど。