赦す心…(;・∀・)

投稿者: | 2018/06/24

きょう、2018年の6月24日は平成8年に病死した妹の23回忌の祥月命日でした。

墓参りは来週末の予定で本日は終日雑用でおわりました。

雑用っていうのを正確に表現すると「真言宗系のお寺での修行」です…(;^ω^)

そんな本日だったのですが、衝撃的なアドバイスを頂戴いたしました。

「今のあなたは四角四面な考え方ですね。考えの合わない方と決して対立はしていないと思うのですが、
いまよりもっともっと、受け入れていくようにしてくださいね・・・」

・・・というアドバイスです。

もう、なんというか、思い当たる節があり杉でヤバい感じ…/(^o^)\

プライベートにおいては・・・
「水生昆虫を模した毛鉤以外はフライではない」という、とち狂った説を唱え始めてしまった、ちょっと北のほうに棲む、ちょっとノータリンなヒゲな方と、「いやいやフライなんて虫だろうがサカナだろうがフライの道具で投げれりゃフライでしょ?」みたいなwwwwwwちょっとした痴話喧嘩が発端となって、一時国交断絶状態になっていたりしてますわ…(;´・ω・)

それに、地元の鮮魚店の店主のフライフィッシングの技術があまりにもお粗末だったのを見かねて都内のプロショップの方に個別レッスンを依頼していたんですけど、「ボーっとして生きてるんじゃねえよー!」みたいなN〇Kのチコちゃんみたいな感じになって、そのストレスのすさまじさによって匙を放り投げてしまった感じだったし..(;´・ω・)

まあ、「水生昆虫を模した毛鉤以外はフライではないという考えを持った方もこの世になぜか存在する」「ボーっとして生きながらお気楽にフライフィッシングをたしなんでいる方もこの世に存在する」っていうのは、今後私が毛鉤釣りを続けていく上で間違えなく自分の内面で受け入れていかねばならない課題ですね…(;´・ω・)

(でも、シロートの方が「ボーっとして生きている」のはさておき、曲がりなりにもプロを名乗る方でそれはないなと今でも思ってるけど・・・)

一方、仕事でにおいては・・・

「開発プロセスを無視した開発なんて開発じゃねえ!」風に「ボーっとして生きてるんじゃねえよー!」みたいなN〇Kのチコちゃんみたいな感じになって、そのストレスのすさまじさがオシリに出ちゃった感じだったんですけど、「開発プロセスを無視した開発もこの世に存在しうる」っていうのを受け入れていかなくちゃ受けないのかなあと…(;´・ω・)

まあ、「開発プロセスを無視した開発もこの世に存在しうる」っていうのを自分の内面で受け入れなくてはならないと感じてはいるものの、今回は身体が言うことを聞いてくれなくて病院送り&手術になりましたけど…(;´・ω・)

まあ、こちらはあまりにも受け入れすぎてしまうと、生き物としてリアルに死んでしまいそうなので限度となる閾値を模索中って感じですかね…(;´・ω・)

 

そういや、先日尾瀬トレッキングンに付き合わせてしまった親類は、アイガーの東山稜の肩に位置するミッテルレギ小屋の常連だそうで…(;´・ω・)

ま、ヒトはヒト、自分は自分って感じで…(;´・ω・)