続・世のフライマン達への提言

世のフライマン達への提言」のつづき・・・

I氏: おっしゃる通りだと思います。フライ好きの一人として謙虚に反省です。

オレ:Iさんさんコレは自分自身に対する戒めでもあります。可能な限り色々な釣り道具や対象魚に触れてバランス感覚を失わないように心がけたいですね。

I氏:他者の言葉に耳を傾ける…釣りだけに限らず大切なことだと思います。改めて気付かせていただき誠にありがとうございました。

オレ:釣り道具に限らずどんな物事にも利点もあれは欠点もあるし、対象とするサカナ、対象とするフィールドそれぞれ魅力となる部分もあれば知られたくない陰の部分もありますよね。それらを多角的、立体的に捉えてこそ、説得力のあるアウトプットを生み出せるのかなぁと…(^^;; あと、以前から気になっているのはフライフィッシング関連の業者さんたちはご自分の息抜きにフライフィッシングをやらない方が少なくなかったです。

I氏:フライの業者さんたちは、フライフィッシングが趣味から仕事へ変わってしまったからでしょうかね?(^_^;) いずれにしても、フライフィッシャー全般の了見が狭さが現在の低迷の一因ではないかと思います。

オレ:そう言うの見ちゃうと、決して自分の好きな事を仕事にしちゃあならならないなと思うんですよね。あとは、論理的な説明がつかないと好き嫌いの感情論に逃げてしまい水掛け論のドロ沼に陥ってしまう方の、何と多いことか…\(^o^)/ 自分自身はフライフィッシングが大好きだけど、フライフィッシングにハマってしまったそんな方々の姿を観ていると、フライフィッシングをやりたくなくなってきますね…\(^o^)/

I氏:僕はフライも扱う釣具店をしているのですが、フライがイヤになったことはありません。人によるのかも知れませんね(^_^;) もっと、あっけらかんと明るくフライフィッシングを楽しみたいですね~(*^▽^)/★*☆♪

オレ:そうなんですよ。フライフィッシングって言うのは数ある釣りの手法のひとつに過ぎず、純粋に魚やフィールドに対峙するってことを忘れて、フライフィッシングに纏わる人びとに振り回されていたのは、他でもない自分自身だと思います。そうしたノイズの除去には、結構な時間と労力を費やしてしまいましたが、スッキリポン♬な、感じですよ…\(^o^)/

 

※画像はイメージです

1 response to "続・世のフライマン達への提言"

    Comments are closed.