ビーズヘッドマラブー

『フライフィッシング』とは『渓流でペシペシやりながらヤマメを釣るもの』『ジジーが管釣りでやるもの』って、いつどこで誰が決めたんだよう???(ㆀ˘・з・˘)

『フライフィッシング』は『ゴルフに似ている』って教わったことがありました、ゴルフは様々なコースの状況に応じて、ウッド、アイアン、ピッチングウェッジ、サンドウェッジ、パターをなどを駆使して球を穴に入れる遊びです。

フライフィッシングは、様々なフィールドや対象魚に応じて、ゼロ番から十何番までの片手投げ、両手投げの竿と仕掛けを駆使してサカナを釣る遊びです。

ルアーフィッシングもそうですが、キャスティングゲームもあれば、トローリングゲームもあるように、フライフィッシングにおいても、キャスティングゲームもあればトローリング(ハーリング)もあります。

キャスティングが凄くてハーリングはダメだと言う方、オカッパリが凄くてボートはダメという方、アブラビレは凄くてそれ以外の対象魚はダメだという方は、どんな状況においてもコンスタントにフルラインを投げてからそういった発言をして欲しいものです。

そして、特定の手法に偏らずにさまざまな手法に対する見識を深め、思いやりをもった発言をしていただきたいものです。

フライフィッシングにおけるどんな手法も、あくまでもサカナを釣るための面白いイチ手段に過ぎません。『コレが良くてアレはダメ』『これは好きだけどあれは嫌い』って言う【(主に無知に起因する)独善的な決めつけによる偏りと押し付けがはびこってしまったことが、日本のフライフィッシングをダメにしたんだと思ってやみません。

画像は、何の変哲もないビーズヘッドマラブー。
フックはTMC3769の8番。
ウェットフライみたいな小洒落た感は皆無ですが、頼れる1本です。

p.s.

フライフィッシングにおける現在の惨状は、メディアや業者や露出度の高かったFFマンたちが↑↑↑の方向へ向かっていってしまった事に起因したなれの果てだと思いますわ。(現在においてもなおその残骸は残ってますけど)

まぁ、フライフィッシングに対するダメだしはいくらでもできるけれども、そんなこと書いててもツマラナイので、今後は未来に向かって、もっとオモシロイことを考えていきたいものです…( ^^) _旦~~