道楽三昧について

季節はまだアイスコーヒーって感じではないか…(・・;)

ところで今年は父親の七年忌にあたります。生前は市役所の職員として勤め上げた四十年間そしてリタイア後脳出血で倒れるほんの数分前まで囲碁に明け暮れた、囲碁三昧囲碁道楽な人生で、戒名に『碁』の字が入る程の徹底ぶりですが、母親をはじめとした家族を省みず囲碁に明け暮れていた父親が、実のところあまり好きではありませんでした。

ところが親族には釣りキチが多くそんな血を受け継いでしまったワタスも釣りに関しては恐らく人並み以上のリソースを注入してきたような感じでした。

父親の入院〜他界後は一変して遺された母親を支えていくために週末の大部分の時間が奪われて行き今日に至っているわけです。

そんなわけで釣りにもトレッキングにも思うように行けなくなってかれこれ10年ぐらいの月日が流れてしまいましたが、『やりたいこと』と『やるべきこと』は厳然と区別して、『ヒトとしてやるべきこと』を省みず『やりたいこと』に明け暮れるのは、ヒトとして最低のことであると、他界した父親が無言のうちに伝えてくれたのかも知れません。