リトリーブのロスをなくすフライの仕掛け案

都内超有名某プロショップ役員の方より「スピニングリールでフライを投げろ!」って、正直言ってワケわかんないお題を出されてから数年が経過しました。

たしかに「フライを手で手繰る」っていう動作は、オサカナさんにとってあまり好ましい動きではなく「一定速度でフライを動かす」ことができる」スピニングリールの使用は、理に適っていることではないかと思われます。

でもさ、フライリール使用時みたいにランニングラインをだらだらと出した状態で投げるとライントラブルの嵐に見舞われそうだし、シュートしたあとのラインスラッグがスピニングリールだと制御しにくくて…(;´・ω・)

んじゃ、べいとかぁ?

みたいな感じです…(;´・ω・)

スピニングリールじゃなくってベイトリールならば何となくできそうな気がしてきました(気の所為かも)…(;´・ω・)

しかし、標準的なフライロッドだとリールの取り付け位置が後方過ぎてしまい、ラインスラッグを制御するためにリールに対してブレーキをかけにくいったらありゃしない状態に陥りそうなので、「ブランクはフライロッド」「グリップはルアーロッド」みたいな、常識破りでへんてこなアーキテクトが必要なんじゃね???

みたいな感じになってきました…(;´・ω・)

ん~~~~・・・(;´・ω・)

そんなこと頼めるの、あの人しかいないじゃん?(;´・ω・)

・・・みたいな感じになってきました(まだそんな話してないけど)…(;´・ω・)