ロイヤルコーチマンパラシュート

『イ○イイワナ』をシコシコと作成しているうちに面倒くさくなってきて、『あのさ、もうコレでいいじゃん?(^◇^;)』って感じで、ロイヤルコーチマンをパラシュートに…(。-∀-)

 

ドライフライラブラブなフライマンの中でも伝統と格式を重んじる保守的な方はパラシュートパターンや獣毛を用いたパターンを毛嫌いする方もいらっしゃるようですが、個人的にはぶっちゃけどうでもいいと考えています…(。-∀-)

ただしフライを木の枝や岩に引っかけてしまったり、自然界に存在しない物体を川に残してしまわぬよう、キャスティングには気を遣うし、万が一引っかかってしまっても釣り糸を切らずに回収出来るように可能な限り太いティペットを使う習慣が身についています。

さてこれでドライ&ニンフボックスが埋まったので、再びウェット&ストリーマの世界に帰りますわね…(。-∀-)

フック=TMC113BLHの12番