端材ウェット…(;^ω^)

次の仕事が始まるまでの暫しの間プータロー生活ですが、部屋の片付けに着手するのもおっくうだし、船舶免許取るにはタイミング的に微妙だし、なんかダラダラとフライの作成でもしている感じです…(;^ω^)

そんな今朝は端材を使って管釣り用のウェットフライを作成してみました。
ボディ材は中禅寺湖ようのボディ材の余り、テールとウィングはマラードフランクフェザーの切れっぱし、スロートだけはパートリッジのちゃんとたのを1枚使用。フックは10番。

2017年シーズンはこのパタンで養沢と奈良子で手堅い感じでした。
「いかにも管釣りフライ」然としたパターンや極小フライを使う事に抵抗がある方にはピッタリかもね…(;^ω^)

 

フライ地蔵

あまりにも釣れないため、ボーズを通り越してお地蔵さんになってしまいました…/(^o^)\
しかも、サカナが釣れない主原因は諸所の雑用が多くて、ほとんど釣りに行けないという…/(^o^)\

コメントは受け付けていません。

  • タグ