スタンダードドライ…(;´・ω・)

ドライフライと言ったら、解禁したては米粒みたいな大きさの毛鉤を極細の釣り糸に結んで水面に浮かべ眉間に皺を寄せながらやらないと釣れないとか・・・ もうちょっと暖かくなると飛んでる虫の種類が何ちゃらで食ってるステージがどーの 続きを読む スタンダードドライ…(;´・ω・)

五反田ガード下…( ̄∇ ̄)

新環境に少しずつ慣れてきたかな?? ピコピコ動いているなんか良く分かんない装置に繋がれたコンピュータシステムは、規模がデカいしいろいろ難しいんだけど、なんかホームな感じがして安心感があります…(^_^;) 海辺の業務シス 続きを読む 五反田ガード下…( ̄∇ ̄)

鴨ネギ鍋考察…(;´・ω・)

きょうの晩めしは『鴨ネギ鍋』…(≧∀≦) 『鴨ネギ』っていうと、どうしても『某年のフライフィッシングフェスタ』に於ける『某氏の鴨ネギ発言』でフライフィッシング業界に激震が走ったみたいなことが、アングラ釣クラブにより私の脳 続きを読む 鴨ネギ鍋考察…(;´・ω・)

渓流フライのトラウマ-その7

「キャッチアンドリリースに対するポリシー」 そんなワケ(渓流フライのトラウマ-その1~6)で、完全に行かなくなってしまったわけでもないですが、次第にキャッチアンドリリース区間から足が遠のいていきました。そのころにはキャス 続きを読む 渓流フライのトラウマ-その7

渓流フライのトラウマ-その5

「嫌々仕方なくやる釣りは釣りじゃない!」 『本業でない人が深く入り込むとロクなことにならんですよ、そのロクでもないパターンが延々と続くのが遊びの世界の掟です。やりたいようにやればいいんですよ。』 これはとあるエキスパート 続きを読む 渓流フライのトラウマ-その5

渓流フライのトラウマ-その4

「ゴミ拾いのおじさん」 『本業でない人が深く入り込むとロクなことにならんですよ、そのロクでもないパターンが延々と続くのが遊びの世界の掟です。やりたいようにやればいいんですよ。』 これはとあるエキスパートの方からの助言です 続きを読む 渓流フライのトラウマ-その4

渓流フライのトラウマ-その3

「提灯サイト」 キャッチアンドリリース区間での釣りですが、一言でいうと「人間模様に翻弄され続けた数年間」だったと思います。人間模様の部分を詳細に記述すると全方位に対して角が立ちそうなので割愛させていただきます。 2001 続きを読む 渓流フライのトラウマ-その3

渓流フライのトラウマ-その2

「人差し指キャスト」 「渓流フライのトラウマ-その1」で述べた通り、ロングリーダーや極小フックのフライを使用したフライフィッシングを周囲からDISられ、「キャッチアンドリリース区間のヤマメを狙うフライフィッシング」に対す 続きを読む 渓流フライのトラウマ-その2