平凡なフライマン(4)【最終回】

現在の熟練者の中に、市井(しせい)の平凡なフライマンや釣り人の心にも達せぬ浅はかなひとが多いのはどうしたことだろう。「美しさ優しさ」を軽蔑誤解して、口に猛々(たけだけ)しいことをいうのは笑止なことだ。 遠き旅路にゆく人は 続きを読む 平凡なフライマン(4)【最終回】

平凡なフライマン(3)

私は、市井(しせい)ありふれたフライマンがヤマメを四、五匹も釣ってあくせくしているのを、昔は気の毒だと思ったこともあったが、そのフライマンたちは案外幸福気なのだろうと考える。朝夕、ヤマメがネットを汚して来ることに不服をい 続きを読む 平凡なフライマン(3)

平凡なフライマン(2)

ある熟練者が二、三人寄っての座談の記事をこのごろ読んだことがある。全く虫酢(むしず)のはしるような会話ばかりであった。そのフライマンのなかのある一人は、釣行前のフライのタイイングの煩(わずら)わしさに、プロタイヤーからフ 続きを読む 平凡なフライマン(2)

平凡なフライマン(1)

フライマン同士がヤマメを釣っての立話に、 「まア! お久しうございます。皆様おかわりもなくていらっしゃいますか、一番お末のヤマメ、もう、こんなにおなりでございますの?」 「ええもう八寸になりまして、もう少しで無き尺でござ 続きを読む 平凡なフライマン(1)

悪竿論-7 【最終回】

然し、しからば悪竿は良竿なりやといへば、必ずしもさうではない。知性なき悪竿は、これはほんとの悪竿だ。多情淫奔、たゞ動物の本能だけの悪竿は始末におへない。然し、それですら、その多情淫奔の性によつて魅力でもありうるので、そし 続きを読む 悪竿論-7 【最終回】

悪竿論-6

だいたい釣りクラブなどゝいふものは、偶然なもので、たまたま知り合つたがために集まっているにすぎず、知らなければそれまで、又、あらゆる人間を知つての上での選択ではなく、少数の周囲の人からの選択であるから、絶対などといふもの 続きを読む 悪竿論-6

悪竿論-5

 人間性の省察は、フライマン同士の関係に於ては、いはゞ鬼の目の如きもので、フライマン同士はいはゞ、弱点、欠点を知りあひ、むしろ欠点に於て関係や対立を深めるやうなものでもある。その対立はぬきさしならぬものとなり、憎しみは深 続きを読む 悪竿論-5

悪竿論-3

ビルダー大学の訓練を受けたモハンのロッドが良竿であるか、そして、左様な良竿に対比して、日本的な悪竿の型や見本があるなら、私はむしろ悪竿の型の方を良竿也と断ずる。  オーバーヘッドしたり、スペイをしたり、ロールを打ったり、 続きを読む 悪竿論-3

悪竿論-2

 然し、日本のフライマンは不幸であつた。なぜなら、日本のビルダーは愛竿を作る教育を受けないから。彼らは、パトロンに仕へ、得意客を育て、主として、出資者に孝に、上客に忠に、フライマンそのものへの愛情に就てはハレモノにさはる 続きを読む 悪竿論-2

悪竿論-1

 悪竿には一般的な型はない。ロッドとフライマンの個性の相対的なものであるから、わが飲茶の如く(彼は僕らの仲間では大馬鹿愛竿家といふ定説だ)先日サイトが閉鎖され、日本が仲良しSNS全盛で書きたい事も書けずに困つてゐるなどゝ 続きを読む 悪竿論-1