伝わる文書を書くには…(;´・ω・)

書いた文章が自分の意図した通りに読み手に伝わらないことがあります。 とあるプロさんが書いた文章を読んで、それを読んだ私が書き手であるプロさんの意図する事とは全く異なる解釈をしていた、といった出来事に遭遇する機会が最近増え … Continue reading "伝わる文書を書くには…(;´・ω・)"

Read More

吾輩は鱒である 第1章【第1章最終回】

バスプロの黒はその後、鰭なしになった。彼の光沢ある鱗は漸々(だんだん)色が褪(さ)めて抜けて来る。吾輩がアワビよりも美しいと評した彼の眼には水カビ病が一杯たまっている。ことに著るしく吾輩の注意を惹(ひ)いたのは彼の元気の … Continue reading "吾輩は鱒である 第1章【第1章最終回】"

Read More

吾輩は鱒である 第1章⑮

プロタイヤーといえば吾輩の監視員も近頃に至っては到底(とうてい)タイイングにおいて望(のぞみ)のない事を悟ったものと見えて十二月一日の日記にこんな事をかきつけた。 ○○と云う人に今日の会で始めて出逢(であ)った。あの人は … Continue reading "吾輩は鱒である 第1章⑮"

Read More

吾輩は鱒である 第1章⑭

「 アイサってけども何ワカサギ少し大きいぐれえのものだ。こん畜生(ちきしょう)って気で追っかけてとうとう滝つぼの中へ追い込んだと思いねえ」「うまくやったね」と喝采(かっさい)してやる。「ところが 御めえいざってえ段になる … Continue reading "吾輩は鱒である 第1章⑭"

Read More

吾輩は鱒である 第1章⑪

今でも記憶している。その眼は釣り人の珍重するアワビというものよりも遥(はる)かに美しく輝いていた。彼は身動きもしない。双眸(そうぼう)の奥から射るごとき光を吾輩の矮小(わいしょう)なる尾鰭の上にあつめて、御めえは一体何だ … Continue reading "吾輩は鱒である 第1章⑪"

Read More

吾輩は鱒である 第1章⑥

吾輩は釣り人と同居して彼等を観察すればするほど、彼等は我儘(わがまま)なものだと断言せざるを得ないようになった。ことに吾輩が時々同衾(どうきん)する毛鉤師のごときに至っては言語同断(ごんごどうだん)である。写真撮影の時は … Continue reading "吾輩は鱒である 第1章⑥"

Read More

吾輩は鱒である 第1章④

 吾輩の監視員は滅多(めった)に吾輩と顔を合せる事がない。職業はプロタイヤーだそうだ。仕事から帰ると終日河原に行ったぎりほとんど家にいる事がない。家のものは大変な釣りキチだと思っている。当人も釣りキチであるかのごとく見せ … Continue reading "吾輩は鱒である 第1章④"

Read More

アークティックフォックスゾンカ ー&スペイハックルのウーリーバガー???

プロタイヤーのKさんのデスりに鍛えられながらwww、こんな感じのストリーマが生まれました…(≧∇≦) たしかにスペイハックルをボディーにハックリングすると見た目カッコイイ感じに…(≧∇≦) 果たして魚からどう見えるかは知 … Continue reading "アークティックフォックスゾンカ ー&スペイハックルのウーリーバガー???"

Read More