海船餌釣り考…(;’∀’)

ぃまさら分かり切った事なんだけど、日本の釣りで最もポピュラーなのは、エサを使った海の船釣りや岸釣りですよね…(^^;) そんな海のエサ釣りを主体に楽しんでいる方たちと会話をすると、ルアーやフライが如何に異端なジャンルであ …

Continue reading

リップ・アクアマリン…(;´・ω・)

10年ぐらい前に悪戯で作成した、「リップつき」のアクアマリン…(;・∀・) いま眺めても、「なんでこんなん作ったんだろ?」って思う…(;´・ω・) たしか、これ、作ったときは・・・ もぅ、ルアーで …

Continue reading

現代フライとは? (5)

この現代の狂躁のみをこめたようなルアーの悪音響も、やがては典雅となる筈である。現代そのものは常にまったく典雅ではない。現代は歴史ではなく、釣りそれ自体だからだ。釣り自身は歴史的に観察整理され得ざるところに本領があり、どこ …

Continue reading

現代フライとは? (4)

  昔は逆さだのステルスだのバーコードが日常釣行の毛鉤の友であった。元来は釣り的なものだ。それが今日は釣りを離れた典雅なものとなって、時に人々は、その典雅がフライの本質だと思いがちだが、これが、つまり、老人のク …

Continue reading

吾輩は鱒である 第1章⑦

我儘(わがまま)で思い出したからちょっと吾輩の川の監視員がこの我儘で失敗した話をしよう。元来この監視員は何といって人に勝(すぐ)れて出来る事もないが、何にでもよく手を出したがる。フライを巻いて鳥の羽根を机の上に並べたり、 …

Continue reading

渓流フライのトラウマ-その3

「提灯サイト」 キャッチアンドリリース区間での釣りですが、一言でいうと「人間模様に翻弄され続けた数年間」だったと思います。人間模様の部分を詳細に記述すると全方位に対して角が立ちそうなので割愛させていただきます。 2001 …

Continue reading

フライで釣ったアジフライお預け

このところキャスティングの生徒さん絡みで湖のフライフィッシング釣行が続いていましたが、 今回は久しぶりに自分の釣りを取り戻すために? 地元の石屋さんとアジ&メバルのルアー&フライの釣りへ…(^▽^)/ …

Continue reading