リス&シロクマ…(;・∀・)

勘違いされないよう予めお断りを入れておきますと、これはあくまでも試作品です。まだこれで釣った実績はありません。「オシャレでちっこいサーモンフライみたいので釣れちゃったら痛快この上ないんだけどなあ・・・」っていう妄想入って …

Continue reading

フライの慕情…(;’∀’)

  「雨の慕情」のメロディで…(;´・ω・) 心が忘れた あのマスも 竿が重さを 覚えてる 狭いループの キャスティング ホールするりと 引いていた にくい 投げたい にくい 投げたい めぐりめぐっ …

Continue reading

Merry Christmas Fly~(^^♪

整理整頓したタイイングデスクで毛鉤を作成すると清々しい気分になれますね…(^▽^)/ 世の中はクリスマスムードなのでクリスマスカラーの毛鉤でも作成してみようかなと…(;^ω^) ・・・と、来れば、 …

Continue reading

羽根唄

「舟唄」のメロディで…(;^ω^) ロッドは古めの 竹がいい フライは10番 ウェットでいい 相棒は無口な ひとがいい 山女魚はぼんやり 跳ねりゃいい しみじみ釣れば しみじみと 釣り欲だけが 行き過ぎる 魚 …

Continue reading

もしもフライが巻けたなら

「もしもピアノが弾けたなら」のメロディで…(;´・ω・) もしもフライが巻けたなら 思いのすべてを毛鉤にして きみに伝えることだろう 雨が降る日はフライを巻き 風ふく夜もフライを巻き 晴れた朝には釣りに行き だけど ぼく …

Continue reading

フライを投げた日…(;´・ω・)

  「かもめが翔んだ日」のメロディーで…(;^ω^) 薄暮の河原が 闇夜に変わる その時 一本のフライを投げた 人はどうして釣れなくなると 漁協に文句を垂れるのでしょうか 夕マヅメの淵 投げ倒すとき …

Continue reading

フェザントテイル&コックハックル・ウェット

ニンフでおなじみの「フェザントテイル」にコックハックルをくっつけちゃいました…(≧∀≦) フェザントテイルといっても、ちょっと黄土色がかった「ゴールデン・フェザントテイル」を使用して、カワゲラっていうかキンパ …

Continue reading

何処でも何でも毛鉤…(;^ω^)

湖でも川でもオケっ(^o^♪ フライの道具で投げてもテンカラ竿で投げてもオケっ(^o^♪ こーゆーのは、あえて、「フライ」と呼ばず「毛鉤」と言いたくなってしまうのです…(;^ω^) 「ボディ剤にライトケイヒル …

Continue reading

ポーズ同盟

薬師丸ひろ子、紳士同盟のメロディーで…(≧∀≦) オレ様の投げたフライが瀬脇の サカナにゴツンとぶつかったみたい 運命のフライラインをたぐり寄せたら 赤腹アイソのウグイとまた鉢合わせ どうにかなるわ 騙されて上げる ヤマ …

Continue reading

平凡なフライマン(2)

ある熟練者が二、三人寄っての座談の記事をこのごろ読んだことがある。全く虫酢(むしず)のはしるような会話ばかりであった。そのフライマンのなかのある一人は、釣行前のフライのタイイングの煩(わずら)わしさに、プロタイヤーからフ …

Continue reading

現代フライとは? (4)

  昔は逆さだのステルスだのバーコードが日常釣行の毛鉤の友であった。元来は釣り的なものだ。それが今日は釣りを離れた典雅なものとなって、時に人々は、その典雅がフライの本質だと思いがちだが、これが、つまり、老人のク …

Continue reading

吾輩は鱒である 第1章⑤

吾輩がこの川へ住み込んだ当時は、監視員以外のものにははなはだ不人望であった。誰に釣られても舌打ちをされて相手にしてくれ手がなかった。いかに珍重されなかったかは、今日(こんにち)に至るまで尾鰭さえつけてくれないのでも分る。 …

Continue reading

礼儀正しくないフライ…(^^;)

ま、こーゆーのもアリか??? バブアのジャケット着てバンブー振るみたいな、矜持正してやる礼儀正しい?コンサバフライフィッシングも、ジャージ姿にピンクのキャップ姿で安物カーボン振るみたいな、カジュアルでコンテンポラリーなフ …

Continue reading

これが私の投げる道

『これが私の生きる道』のメロディーで~(≧∀≦) 近ごろ週末釣りに 行けない感じ 通院や 雑用で 週末が終わってく 撮り溜めしたビデオ 観て釣りしたつもり そういう事にしておけば これから先も 行けない感じ もしも誰かが …

Continue reading

『逆さ毛鉤』って『逆さに巻く』んですって…(;´・ω・)

久々にパソコンからの投稿です。先日武器商人と色々会話していくうちに、こんな話になりました。 毛鉤の巻き方なんて『これでなければならない』なんていうルールなんてないと思いますが、トリビア的におもろかったのでメモ書き代わりに …

Continue reading