現代フライとは? (7)【最終回】

  近ごろの毛鉤界では、ロングリーダーと云えば、何かもう、絶対のように考えられているが、私はおかしくて仕方がない。2ちゃんねるなど、自分をシロウトと云い、ロングリーダーを一流と云い、シロウトの中には僕も含まれて 続きを読む 現代フライとは? (7)【最終回】

現代フライとは? (6)

歴史的な観察法は現代には通用しないものだ。なぜなら、釣り人と一口に言うが、いわゆる釣り人一般と、自分という年イチしか行くことができない釣り人とは違う。釣り人は永遠に在るが、自分は今だけしかない。そこに現代というものゝ特性 続きを読む 現代フライとは? (6)

現代フライとは? (5)

この現代の狂躁のみをこめたようなルアーの悪音響も、やがては典雅となる筈である。現代そのものは常にまったく典雅ではない。現代は歴史ではなく、釣りそれ自体だからだ。釣り自身は歴史的に観察整理され得ざるところに本領があり、どこ 続きを読む 現代フライとは? (5)

現代フライとは? (4)

  昔は逆さだのステルスだのバーコードが日常釣行の毛鉤の友であった。元来は釣り的なものだ。それが今日は釣りを離れた典雅なものとなって、時に人々は、その典雅がフライの本質だと思いがちだが、これが、つまり、老人のク 続きを読む 現代フライとは? (4)

現代フライとは? (2)

例を私の身辺にとっても、大多数の釣り人は釣れもせぬサカナを批評しているから、魔法使いのようなものだ。×なんてサカナはつまらんですな。君釣ったのかい。いゝえ、みんなそう言ってますよ、とくる。釣り堀て怪(け)しからんエロフィ 続きを読む 現代フライとは? (2)