ライジャケ世代交代…(;´・ω・)

淡水の岸釣りしかやらない釣り人には無関係な釣り道具ですが…(;´・ω・) 平成30年2月1日より改正遊漁船関連法が施行され、小型船舶に乗船する場合には国土交通省が試験を行って安全基準への適合を確認した証である … Continue reading "ライジャケ世代交代…(;´・ω・)"

Read More

Nynph(ニンフ)…(;´・ω・)

小中学生の頃~20歳代までのヤマメ・イワナ釣りといえば、まずは下流の河原で川床の石をひっくり返して「川虫」を採集するのがスタートだった。 当時からテンカラやフライフィッシングなどの毛鉤釣りの情報はあって「ニセモノの川虫で … Continue reading "Nynph(ニンフ)…(;´・ω・)"

Read More

自由な釣り…(≧∇≦)

『自由になれない人ができないひとつの事』 「孤独を愛さない者は、自由をも愛さない者というべきだ。というのは、人は独りでいる間だけが自由だからである」(『幸福について―人生論―』新潮文庫より引用) ・・・と、言うことだそう … Continue reading "自由な釣り…(≧∇≦)"

Read More

平凡なフライマン(4)【最終回】

現在の熟練者の中に、市井(しせい)の平凡なフライマンや釣り人の心にも達せぬ浅はかなひとが多いのはどうしたことだろう。「美しさ優しさ」を軽蔑誤解して、口に猛々(たけだけ)しいことをいうのは笑止なことだ。 遠き旅路にゆく人は … Continue reading "平凡なフライマン(4)【最終回】"

Read More

現代フライとは? (7)【最終回】

  近ごろの毛鉤界では、ロングリーダーと云えば、何かもう、絶対のように考えられているが、私はおかしくて仕方がない。2ちゃんねるなど、自分をシロウトと云い、ロングリーダーを一流と云い、シロウトの中には僕も含まれて … Continue reading "現代フライとは? (7)【最終回】"

Read More

シャッター街とフライフィッシング

トーシーローなりに足りないノーミソをウンウン言わせながら考えた末の共通点・・・ 消費者(釣り人)観点で考えると・・・ どちらも、「いつなんどき消滅しても誰も困らない」…\(^o^)/ 困るのは・・・ スーパー … Continue reading "シャッター街とフライフィッシング"

Read More

吾輩は鱒である 第1章⑭

「 アイサってけども何ワカサギ少し大きいぐれえのものだ。こん畜生(ちきしょう)って気で追っかけてとうとう滝つぼの中へ追い込んだと思いねえ」「うまくやったね」と喝采(かっさい)してやる。「ところが 御めえいざってえ段になる … Continue reading "吾輩は鱒である 第1章⑭"

Read More

吾輩は鱒である 第1章⑥

吾輩は釣り人と同居して彼等を観察すればするほど、彼等は我儘(わがまま)なものだと断言せざるを得ないようになった。ことに吾輩が時々同衾(どうきん)する毛鉤師のごときに至っては言語同断(ごんごどうだん)である。写真撮影の時は … Continue reading "吾輩は鱒である 第1章⑥"

Read More

吾輩は鱒である 第1章②

 この釣り人の網の中でしばらくはよい心持に坐っておったが、しばらくすると非常な速力で運転し始めた。釣り人が動くのか自分だけが動くのか分らないが無暗(むやみ)に眼が廻る。胸が悪くなる。到底(とうてい)助からないと思っている … Continue reading "吾輩は鱒である 第1章②"

Read More

吾輩は鱒である 第1章①

 吾輩(わがはい)は鱒である。尾鰭はまだ無い。  どこで生れたかとんと見当(けんとう)がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でバチャバチャ跳ねていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで … Continue reading "吾輩は鱒である 第1章①"

Read More

渓流フライのトラウマ-その4

「ゴミ拾いのおじさん」 『本業でない人が深く入り込むとロクなことにならんですよ、そのロクでもないパターンが延々と続くのが遊びの世界の掟です。やりたいようにやればいいんですよ。』 これはとあるエキスパートの方からの助言です … Continue reading "渓流フライのトラウマ-その4"

Read More

渓流フライのトラウマ-その3

「提灯サイト」 キャッチアンドリリース区間での釣りですが、一言でいうと「人間模様に翻弄され続けた数年間」だったと思います。人間模様の部分を詳細に記述すると全方位に対して角が立ちそうなので割愛させていただきます。 2001 … Continue reading "渓流フライのトラウマ-その3"

Read More

週中焼き鳥…(≧∇≦)

週中水曜日のアフターファイブは昭和の演歌が流れる焼き鳥屋さんで…(≧∇≦) 釣りと呑みって似ているなぁとつくづく感じる今日この頃…(^◇^;) ひとりでも楽しめる、大勢でも楽しめる、ひとりだと誰にも相手されないんだろうと … Continue reading "週中焼き鳥…(≧∇≦)"

Read More

芦ノ湖産コーホーサーモンのムニ エル…(≧∇≦)

芦ノ湖で鱒類が釣れたときは、なるべく持ち帰って食べるようにしています。 ワタシはフライの道具を使った釣りをやりますが、釣った魚をリリースするのは持ち帰るのが面倒くさいときか、持ち帰って食べる価値がないような不味そうな魚を … Continue reading "芦ノ湖産コーホーサーモンのムニ エル…(≧∇≦)"

Read More

震災直後・宮城の友人からの寄稿…その4

「狂い咲き…」 狂っているのは私だけでしょうか…?σ(^-^;) しかし桜鱒があれだけ釣れるとなれば、大抵の釣り人は狂ってしまうのではなかろうか?( ̄▽ ̄;) ここのところ連日での釣行で、日記更新も追いつかない状態が続い … Continue reading "震災直後・宮城の友人からの寄稿…その4"

Read More